環境土木科

未来に残る創造物
地球を考え
社会を考えた
その根幹技術を学ぶ

環境土木科2年制:定員20名

社会の根幹をなす土木技術
就職率100%を誇る実績です

人の暮らしを豊かにするエンジニア!
土木エンジニアの仕事は頭脳と体を使いどこまでも続く道や巨大なダム、橋を造り、私たちの暮らしを豊かにするインフラを整備しています。
『人間中心の開発』から『自然と調和した開発』へと、新世代の土木エンジニアを育成しています。

環境土木科のこれがイイ! 3つのポイント

1就職率100%の土木技術職

沖縄県内では、専門的な技術を勉強した若い土木技術者が不足しています。
サイテクカレッジ那覇の環境土木科は卒業生の人数より多くの土木技術職の求人があります。
だからこそ全員就職できるのです。

2初心者でも学び易いカリキュラム

1年次では、測量等土木技術に関する基本的な知識、技能を学びます。
2年次では、2級土木施工・造園施工等応用的な技術に加え、資格取得を目指します。
土木を初めて学ぶ方でも安心して勉強ができます。

3資格試験の実務経験が短縮

国土交通大臣の認定を受けている指定学科の為、各種資格の実務経験期間が短縮されます。
土木施工管理技士は8年の実務経験が必要ですが、環境土木科を卒業後、2年の実務経験で受験ができます。

主なカリキュラム

CAD演習

図面製作に使う CAD。CADで実際に図面を作成し、実践的に役立つ技術を身に付けます。

土木施工学

橋・道路・ダム・河川・空港等についての知識と作り方(施工法)を学びます。

各種実験・実習

実際に現場で行われている土質試験などを学びます。又は土木工事現場などを見学に行きます。

造園学実習

庭造りを実際に体験して、理想的な庭園を追求します。

コンクリート工学

コンクリートを取り扱う上で、必要な基本的な知識、技術を学びます。

卒業設計研究

2年間のまとめとして、橋の模型製作や近未来都市デザイン製作等を行います。

どんな仕事に就けるの? 社会の根幹をなす土木技術

測量士・土地家屋調査士

地面の高さや土地の面積などを正確に測り、工事の基準となる場所を決め、図面を作成する仕事です。近年では、コンピュータを利用した地図の編集など、ハイテク技術を駆使しています。

土木施工管理技士

トンネルやダム、橋梁建設工事前に、土地の砥質を調査して、工事に適した土木材料を選定し、地盤の強度を決定します。
さらに工事全体を安全に遂行できるように計画を立て、リーダーとして現場を指揮する仕事です。

造園施工管理技士

理想的な庭園や公園などを人工的に作り出し、自然の風景を活かしながら創造する技術者です。敷地に木や草花を植え、石や芝生や飾りを置き、池や小川を作る仕事です。

目指す資格
  • 2級土木施工管理技士
  • 2級造園施工管理技士
  • 測量士
  • 土地家屋調査士
  • CAD利用技術者検定
  • 車両系建設機械
  • 小型移動式クレーン
  • コンクリート技士
  • 地質調査技士
  • 2種下水道技術検定
  • Word、Excel検定
就職実績
  • (株)沖成コンサルタント
  • (株)沖技
  • (株)南洋土建
  • (株)光電気株式会社
  • (株)大米建設
  • (株)丸石建設
  • (株)東信工業
  • (株)照屋土建
  • (株)羽地総業
  • (株)東洋土木工業
資料請求はこちら!
オープンスクール申込み